マクドナルドが全店閉店?!問題となった数件の異物混入事件とは?

スポンサードリンク

mac

大手ファーストフード店「マクドナルド」の異物混入事件。

中国産の変色した鶏肉を使用した「チキンナゲット事件」をはじめ、
数々の異物混入などのトラブルが起きています。

Twitterやブログなどのネット上では、さまざまな画像がアップされており、
消費者にとってはかなり不安のタネとなっていますよね。

そして数日前から「マクドナルド全店閉店」という画像付きの情報が流れていますが、
これは一体どういうことなのでしょうか?

スポンサードリンク

その画像というのが、この記事のトップ部分に掲載している画像です。

「マクドナルド全店閉店」と書かれていますが、
実はこの画像はネット上で拡散されたデマなんですね。

たしかに昨日、マクドナルドの記者会見はありましたが、
全店が閉店という事実はありません。

一部の店舗が閉店となっているだけです。

では、ここ最近にマクドナルドで起きた事件というのは、
どのようなものがあるしょうか?

 

ビッグマックセットのポテトからヒトの歯が出てくる(大阪の店舗)

大阪・河内長野市の店舗で販売されたビッグマックセットのポテトから、
2014年8月にヒトの歯と思われる異物が混入していた事件です。

購入者のブログ
http://www.peeep.us/84d10a65

今現在は休止されていますが、
購入者のブログには店に連絡したことが綴られており、

「たしかにこれは歯ですね」

と店舗マネージャーにも確認済み。

今月7日に行われた記者会見で、
この異物混入事件について日本マクドナルドは、

「正直言って、消去法でつぶしてはいったが、残念ながらどこで混入したのか、明確には判明できていない」

と発表。

異物混入が入っていたことは認めているニュアンスですが、
どこで混入されたのかは、まだはっきりとわかっていないみたいです。

 

サンデーチョコレートにプラスチック破片が混入(福島県)

福島県・郡山市にある店舗では、
2014年12月プラスチック破片がマクドナルドで販売しているデザートに
混入していたと消費者からの連絡があったそうです。

今月7日に行われた記者会見では

「原因はソフトクリームマシンの破損した部品の一部」
「サンデーを召し上がられたお子さまが、口の中にプラスチックが入った。それで口の中にけがをされたと」

と説明しています。

 

チキンナゲットなどにビニール片が混入(東京・青森)

2014年12月には東京・江東区にある「東陽町駅前店」で、
チキンナゲットの中から5ミリほどのビニール片が出てきた事件があります。

女性客が店員に申し出て、店員がビニール片を運ぼうとしたところ、
紛失してしまい見つからなくなったそうです。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150106-00000500-san-soci

また青森県・三沢市にある店舗でも、
今月の3日夜にナゲットを購入した男性が異物が出てきたと連絡し、
異物がひも状のビニール片だったと返金。

この2店舗のナゲットに関しては、同じ工場で製造されているみたいですが、
ビニール片の形状や色などが違うことから、
店舗で混入した可能性が出てきています。

 

この他にもまだあるんですが、
少し長くなりそうなので別記事にまとめさせていただきます。

⇒ マクドナルドが異物混入に生肉まで?!謝罪記者会見の内容とは?

スポンサードリンク

この記事も読まれています!

コメントを残す