入浴剤は風呂上りにシャワーで流すべき?流さないほうがいい?

スポンサードリンク

bath

最近ではいろんな入浴剤が販売されるようになり、
毎日のお風呂を楽しみにしている人が多いですよね。

特に冬場は、肌が乾燥してくるのと同時に、
お風呂あがりに湯ざめをしてしまうため、
必需品となっている人もいるのではないでしょうか。

しかし、入浴剤に関する疑問で多いのが、
湯船に浸かったあとにシャワーで洗い流すかどうかです。

そのような疑問を持つ方のために、
今回は入浴剤を使ったあとの対処法について、
説明させていただきたいと思います。

スポンサードリンク

結論から言わせていただきますと、
肌質や入浴剤の種類により違ってきます。

 

保温作用のある入浴剤について

保温作用のある入浴剤というのは、
主に湯ざめなどを防止するためのものですね。

このタイプの入浴剤に関しては、
シャワーで洗いながしても効果が持続するため、
お風呂からあがった後は、洗い流したほうがいいと言えます。

好きな香りがついている入浴剤の場合、
洗い流す必要はありません。

 

保湿作用のある入浴剤について

保湿作用のある入浴剤というのは、
乾燥肌に悩みを持つ方にオススメのものですね。

このタイプの入浴剤に関しては、
洗い流してしまうと保湿成分が無くなってしまうため、
シャワーで洗い流すのを避けたほうがいいです。

しかし、肌に合わない・敏感肌の方の場合、
洗い流さないことにより肌荒れを起こしてしまう可能性があります。

肌のトラブルを避けるためにも、
必ず自分の肌に合った入浴剤を使用するように心がけ、
荒れてしまう場合は、シャワーで洗い流して入浴剤を変えましょう。

 

香りを楽しむための入浴剤について

香りを楽しむ入浴剤というのは、
リラックス作用があるものですね。

今の入浴剤は、基本的には香りがついていますが、
中にはメインで楽しむ入浴剤があります。

その場合は、お風呂に入っている時だけ楽しんで、
あとは洗い流すほうがいいと言えます。

理由は、やはり香料などが入っているため、
天然由来の成分でない場合、肌が荒れてしまう可能性が大きいです。

成分が天然由来の入浴剤に関しては、
洗い流す必要はないと言えるでしょう。

 

基本的に今の入浴剤というのは、
敏感肌の方でも使用できるように作られていますので、
めんどくさい方は洗い流す必要はないです。

しかし、肌トラブルを防止するために入浴剤を使っているのに、
場合によっては入浴剤が原因でトラブルが起きることがあります。

もし入浴後に、かゆみや肌荒れなどのトラブルを感じた場合は、
しっかりと洗い流すように心がけるようにしましょう。

それでも良くならない場合は、
使っている入浴剤を変えてみるか、
医師に相談することをオススメします。

スポンサードリンク

この記事も読まれています!

コメントを残す