東京駅開業100周年Suicaがまさかの販売中止?!駅の状況とその理由は?

スポンサードリンク

suica

今年は東京駅開業100周年

多くのTV番組やメディアでも取り上げられ、
大反響となっていますよね。

東京駅と言えば、0キロポストが設置されており、
日本の鉄道の始発点とも言える駅です。

そして今年で100周年を迎える東京駅が
記念として発売した「東京駅開業100周年suica」ですが、
鉄道ファンだけではなく多くの方が手に入れたいと思っているはず。

しかし、いざ当日になった本日12月20日ですが、
なんと販売中止となる事態が起きました。

その理由とは一体なんでしょうか?

スポンサードリンク

Twitterより引用させていだきますが、
東京駅構内でこのような事態が起きてしまっているとのこと。

さらに調べてみると、売り切れになったわけではなく、
「人が多すぎるから販売中止にした」というのが理由みたいです。

100周年記念Suicaとなれば、やはり数が限られてきますし、
すぐに売り切れになることは前もってわかっているはずなので、
購入者の方も早くから並んでいる方も多いですよね。

中には、徹夜で並んでいる人もいるので、
そういう人達からすると、正直たまったもんじゃないでしょう。

 

⇒ 東京駅開業100周年記念限定Suicaの定価は?オークションで高騰中!

ちなみに東京駅構内では、怒りのあまり、
警備員のバリケードを突破する事態が起きており、
歩くのも大変な状態になっているみたいです。

普段から通勤で利用している人からすれば、
本当に迷惑としか思えないですし、
東京駅サイドも、もう少し考えたほうがよかったのではないかと思います。

 

いくら販売が中止になったとはいえ、
夕方くらいまでは混雑が予想されます。

通勤に利用している方や買い物へ出かけている方、
また何か用事で東京駅を利用する方は、
くれぐれもケガのないように注意してくださいね。

⇒ 東京駅開業100周年記念限定Suicaの再販決定!いつごろに発売される?

スポンサードリンク

この記事も読まれています!

コメントを残す