HKT48指原莉乃が枕営業について暴露した内容は?いじめられていた過去も告白!

スポンサードリンク

sasihara

HKT48のリーダーとして活躍して大人気の指原莉乃さんが、
14日に放送された「バラエティ」で枕営業について語り、
自身の発言がカットされたことが話題になっています。

また指原さんは、中学の時にいじめられて不登校になった過去を明かし、
社会問題となっている大人のひきこもりについて語られました。

その内容とは一体、どのようなものでしょうか?

スポンサードリンク

指原さんは、AKB・HKTの中でも、
トークをさせたら右に出るものはいないと言われるほど、
バラエティには欠かせない存在ですよね。

この日に放送された「ワイドショー」でもまさに舌好調で、
自身の経験やさまざまなことを語り盛り上がりを見せました。

しかし、ファン達から心配されたのは、
番組内で某ファッション誌編集長の”枕営業”が話題になった時です。

いつもなら司会の東野幸治さんが、指原さんにコメントを求めるのに、
この話題に限ってはカメラに映っても沈黙している姿で、
指原さんは全く話に入ってこないような雰囲気だったんですね。

勘がするどいファンは、このことについて疑問を感じ、
指原さんがよく利用しているTwitterで質問。

そして、このようなやり取りが行われました。

ファッション業界とアイドル業界は、
切っても切れない関係にあるということでしょうか。

暴露した内容に関しては、放送されていませんので、
明らかになっていないんですが、
どうやら喋りすぎてカットにされてしまったみたいです。

HKT48のリーダー、そしてAKB48のセンターというポジションになれば、
やはりいろんな方から注目を浴びることなりますし、
いろんな話が耳に入ってくるかと思います。

今まで業界内で見てきたことを話題にして番組内でカットされたということは、
よほど入り込んだ内容だったのではないでしょうか。

 

そして、この日は社会問題になっている「大人のひきこもり」についても、
中学の時に自分もそうだったという経験を交えて話をしていましたね。

中学時代、目立つことを避けていた指原さんですが、
2年生のときに体育会の女子グループから目をつけられターゲットに。

廊下ですれ違うたびに笑われたり、
陰で悪口を言われたり、自身が受けたいじめの内容を告白。

また、ある日家に帰るとポストに差出人不明の封筒が入っており、
中には汚い字で「もう学校に来ないでください。よろしくお願いします」って書いてたとも言っています。

「中学3年生の時に学校になじめなくて、ちょっとしたいじめにあって、学校行きたくないなと思って行かなかった。休み休みになってるうちに普通に(行かなくなった)」

「オーディションに受かっていなかったら、本当に家から出なくなったと思う」とし“大人のひきこもり”にも「共感しちゃいます」

その後、AKBのオーディションに合格し、
スキャンダルなどさまざまな困難を乗り越えて掴んだのが、
選抜総選挙で1位だったというわけですね。

相当な努力をされたかと思いますが、
今になってはこのように番組で語れるほどになったかと思うと、
ファンにとっても嬉しいのではないでしょうか。

 

今回、枕営業に関して話した内容がカットされ、
ファンを心配させてしまった指原さん。

しかし、彼女に勇気づけられている方も多いですし、
元気に活躍している姿を見ると、こっちまで元気になりますよね。

今回の件はとても残念かと思いますが、
これにめげず、これからも頑張ってくださいね!

スポンサードリンク

この記事も読まれています!

コメントを残す