「自撮り狩り」って何?もしかして悪い言葉なの?まさかの込められた意味とは。

スポンサードリンク

jidori

朝の人気番組「ZIP!」の番組内に使用され、
Twitterでも話題となっている言葉。

”自撮り狩り”

今まで聞いたことない言葉のような気がしますが、
どういう意味か全くわからないですよね。

この”自撮り狩り”という言葉は、どのような意味なんでしょうか?

スポンサードリンク

—————-続きはココから————————————-

聞いた瞬間、「オヤジ狩り」を連想してしまう方も多いかと思います。

最近、SNSなどで自分を撮影して、
それをアップして反応を見る方が多いですよね。

どのような目的かわかりませんし、
さまざまな理由があるかと思いますが、
そのような行為に批判的になっている方もいます。

もちろん面白がったり、興味がある写真などには、
「かわいい!」「かっこいい!」「似合ってる!」とコメントをする方もいますが、
芸能人でもないのに何してんだろという気持ちになることもあります。

「自撮り狩り」という言葉を聞いた時、
もしかしてそういう人達がアップした写真を通報しまくる行為のことかと思ったんですが、
どうやら悪い意味ではなかったみたいです。

 

「自分を撮影しながら紅葉狩りをすること」

「自撮り狩り」には、このような意味が込められており、
紅葉をバックにスタンドなどを使って自分を撮影することを意味するみたいです。

最近では、自分たちの私生活の充実ぶりをアップする方が増え、
観光地などでもよく撮影する光景を見かけますよね。

その流行のせいか、「自撮り棒」という先にスマホをセットして、
手元のボタンで撮影できる棒などが爆発的に売れているみたいです。

しかし、楽しんでいる本人達はいいかもしれませんが、
周りの人達からすると首をかしげることもしばしば。

きちんと周りの迷惑を考えている人ならまだしも、
ぶつかっても何食わぬ顔をしている人も多く見受けられます。

何もない場所ならまだいいんですが、
やはり観光地の中でも崖などがあり危険な場所もたくさんありますよね。

もし子供にぶつかったりして、ケガなどをさせてしまうと、
「ごめん」では済まされないような事態にもなりかねません。

 

自分達を撮影して楽しむのもいいかもしれませんが、
周りに配慮することは大事なことです。

SNSに投稿して反応を見て満足するのもいいですが、
撮影する際は、周りの迷惑にならないように、
そしてあくまでも観光を楽しむように心がけましょうね。

 

「自撮り狩り」が紅葉に対しての言葉であれば、
お花見の季節になれば、「自撮り見」なんて言葉が出てくるのでしょうか。

少し変な感じがする言葉ですが、
以上、「自撮り狩り」の説明をさせていただきました。

ぜひ参考にしていただければと思います。

スポンサードリンク

この記事も読まれています!

コメントを残す