FNS歌謡祭が口パク復活?!GLAYのTERUが口パク騒動にコメント「差し替えられていた」

スポンサードリンク

glay

人気ロックバンド・GLAYが、
3日に放送された番組「FNS歌謡祭」に出演されました。

例年と比べると視聴率の低下が伺えるFNS歌謡祭ですが、
今年はその中でも最低の視聴率となりましたよね。

しかし、自身の歌声が実際とオンエアでは違うことを明かし、
そのことについてTwitterでコメントされています。

スポンサードリンク

—————-続きはココから————————————-

今年のFNS歌謡祭で自身のヒット曲「HOWEVER」と、
10月に発売されたばかりの新曲「百花繚乱」を披露したGLAY。

新しい試みとも言える曲調と歌詞で、
注目している方も多かったのではないでしょうか。

しかし。ボーカル・TERUさんの公式アカウントにて、

「ちょっとがっかり…」
「ボーカリストが見ればわかるんです。」

このような内容のツイートを投稿。

自身の実際の歌声と、放送された映像を照らし合わせ、
どうやら違和感を感じた模様です。

このツイートは3000件以上もRTされ、
ニュースに掲載されるまでの事態となりました。

FNS歌謡祭は「口パク禁止」にしたことで、
去年は視聴者から称賛のコメントがたくさんありましたが、
どうやら今年から復活になったようですね。

 

噂によりますと、去年口パクを禁止したプロデューサーが異動となり、
今年からはFNS歌謡祭の担当ではなくなったとのこと。

去年のルール変更により、今年も生歌を聴けるのではないかと、
FNS歌謡祭を楽しみにしていた方も多いかと思います。

そうした中、出演者がこのようにコメントしているということは、
やはり口パクアーティストは他にもいたということなんでしょうか。

 

今回のTERUさんの場合は、本人の意思に関わらず音源を編集されたとのことで、
ファンの方もとても残念な気持ちになったかと思います。

しかし、今年はGLAYが20周年記念ということで、
ライブやコンサートなどを精力的にされるみたいですので、
ぜひそちらをチェックしてみてはいかがでしょうか。

GLLAYの新曲やライブ情報は公式サイトで案内されています!

⇒ http://www.glay.co.jp/

スポンサードリンク

この記事も読まれています!

コメントを残す