お年玉っていくらあげればいいの?最新のお年玉平均額

スポンサードリンク

otosidama

毎年、お正月になると、
子供たちに渡すお年玉の額に悩みますよね。

大人になれば出費ばかりが目立ちますが、
やはりお年玉は子供にとっての一大イベントです。

「少なくてもダメ、多すぎてもダメ」

ではお年玉の平均額っていくらぐらいなのでしょうか?

スポンサードリンク

—————-続きはココから————————————-

最も多い金額は以下のとおりとなっています。

0~2歳   1,000円
3~5歳   2,000円
6~7歳   3,000円
8~9歳   3,000円
10~11歳  3,000円 or 5,000円
12~14歳  5,000円
15~17歳  5,000円
18歳以上  10,000円

 

・一般的な家庭に多い金額

上記の数字は、最も渡す機会の多い金額で、
もちろんこの金額以上もありますし以下もあります。

一般的な家庭に多い金額としては、
「年齢÷2×1000円」となります。

 

・幼稚園以下や高校卒業してからは渡さないケースも

家庭や親戚のルールにもよりますが、
幼稚園以下や高校を卒業してからはあげないところも多いみたいです。

幼稚園以下となれば、お金の価値がわからないですし、
正直喜ぶのは親というケースが多いですよね。

ですので、お菓子やオモチャなど、
子供として喜ぶものを渡すのもアリかなと思います。

また高校生や高校生以上の年代に関しては、
すでにバイトができる年頃ですし、
甘やかさないという意味でも渡さないところが多いです。

働けるようになり、お金の価値が十分にわかる年頃なので、
あげないというのも1つの愛情ではないでしょうか。

 

今回、紹介させていただいたのは、
あくまでも一般的な金額であり法律などで決まったものではありません。

中には、金銭的な事情で苦しかったり、
どうしても渡せない場合もありますよね。

そんな時はあまり無理せず、考えすぎないことが大事です。

自分の家庭以外でどうしてもあげなければならない、
例えば親戚のルールや人間関係を円滑に進めるためなら仕方ないですが、
見栄やプライドなどの場合は控えても大丈夫です。

 

とは言えども、お正月は年に1回のお祝い事です。

もしお年玉をあげるのであれば、
ぜひ参考にしていただきたいと思います。

またお年玉に関するマナーなどは、
以下の記事でも紹介させていただいています。

⇒ 意外と知られていないお年玉を渡す時のマナーとは?
⇒ 意外と知られていないお年玉を渡す時のマナーとは?②

スポンサードリンク

この記事も読まれています!

コメントを残す