globe・KEIKOさんについて小室さんが「少し音楽に興味を持っている」と報告!歌声もかなり良いとのこと!

スポンサードリンク

keiko

2011年に「くも膜下出血」で倒れて以来、
歌手としての活動はせず、現在自宅で療養しているglobeのKEIKOさん。

当時は、高次脳機能障害などの後遺症は残らず、
日常生活は問題ないとされていたKEIKOさんですが、
実際は手術直後から記憶障害の症状が発症していると言われています。

夫である小室哲哉さんもTwitterで、

「直近の記憶をどんどん失っていき、例えば、小室さんの名前は紙に書くことができても、直後には書いたこと自体を忘れてしまうような状態だったんです」

と言っており、手術後の経過を心配しているファンへの報告をしています。

その後も、少しずつKEIKOさんの様子をツイートしている小室さんが、
先日の11月22日「2人の結婚記念日」に最新のKEIKOさん情報をツイートされました。

スポンサードリンク

—————-続きはココから————————————-

小室さんのTwitterによると、
今月の初めにKEIKOさんがglobeの名曲「IS THIS LOVE?」を唄ったとのこと。

「KEIKOさんが電話でIS THIS LOVE? を歌った、かるーくだけどね。LINE電話だからなかなかの声質でした」

さらに今月末のTwitterでは、
このように小室さんはツイートしています。

「本人も少し音楽に興味を持ってます」

「hate tell a lieみたいな曲が歌いやすいらしいです」

後遺症の影響か、KEIKOさんは以前のようには唄えないことが予想されていましたが、
これは順調に回復に向かっていると捉えても良さそうですね。

「hate tell a lie」と言えば、
小室さんがプロデュースした華原朋美さんの曲ですが、
その中でも独特なリズムで難しいと言われている曲です。

その曲を唄いたいと言っているということは、
復帰を期待してもいいのではないでしょうか。

 

小室さんと言えば、以前に逮捕されてから、
あまり活躍されていないイメージがありましたが、
最近では浜崎あゆみさんやAAAに曲を提供するなど活躍の場を増やしています。

12月3日のFNS歌謡祭にも出演し
その内容に関してもツイートで報告されており、
昔のファンだけではなく、新たなファンも獲得されていますね。

ファンからのリプライにも積極的な返信をするなど、
音楽家としての独自の意見を伺うことができます。

 

今後もKEIKOさんの情報だけではなく、
音楽情報などを発信している小室哲哉さんのTwitter。

ぜひ一度チェックしてみてはいかがでしょうか?

小室哲哉 Twitterオフィシャルアカウント
⇒ https://twitter.com/tetsuya_komuro

スポンサードリンク

この記事も読まれています!

コメントを残す