2014年の新語・流行語大賞が決定!忘年会のネタにも使える?!

スポンサードリンク

ryuukou

今年も気になるアレが発表されました!

「2014年ユーキャン新語・流行語大賞」

毎年、この時期になると、
期待しながら発表を待っている人もいるのではないでしょうか。

例年に比べいろんな出来事があり、
大きな動きを見せたことが特徴の2014年。

果たして大賞に選ばれたのはどの言葉でしょうか?

スポンサードリンク

—————-続きはココから————————————-

ちなみに順位に関しては、
公式サイトから引用させていただいてます。

2014年ユーキャン新語・流行語大賞公式サイト
⇒ http://singo.jiyu.co.jp/

 

まずは年間大賞2語です。

・「ダメよ~ダメダメ」
・「集団自衛権」

お笑い芸人の言葉が受賞するのは、
スギちゃんの「ワイルドだろぉ」以来2年ぶりとなります。

受賞者は、今最もお笑い界で活躍されていると、
子供から大人まで大人気の日本エレキテル連合。

そして「集団自衛権」という言葉ですが、
この言葉に関しては受賞者が辞退されたようです。

 

トップテンに関しては以下の通り。
受賞者と合わせて紹介させていただきます。

・ありのままで
ディズニー「アナと雪の女王」チーム

・カープ女子
石田敦子さん、大井智保子さん、古田ちさこさん、天野恵さん

・壁ドン
映画「L♡DK」

・危険ドラッグ
元国家公安委員長・古屋圭司さん

・ごきげんよう
美輪明宏さん

・マタハラ
杉浦浩美さん

・妖怪ウォッチ
日野晃博さん

・レジェンド
葛西紀明さん、青木功さん、山本昌広さん

以上の言葉が選ばれました。

 

やはり「アナと雪の女王」と「妖怪ウォッチ」は、
選ばれたという印象ですよね。

ディズニー映画は、新作が出るたびヒットするため、
この結果は当然と思えてきますが、
注目したいのは「妖怪ウォッチ」です。

今まで子供に人気と言えば、
「ポケットモンスター」というイメージがありましたが、
今年はどこも「妖怪ウォッチ」一色に染まっていたような気がします。

マクドナルドの売上にも大きな貢献をしましたし、
一種の社会現象と言っても過言ではないです。

 

また若い世代に流行った言葉と言えば「壁ドン」。

TVニュースなどにも取り上げられ、
Twitterではたくさんの画像がツイートされましたよね。

イケメンとそうでない人でやるかで、
とても差が出てしまう行為ですが、
思いきって忘年会の帰りに気になる女子にしてみてはいかがでしょうか(笑)

大賞に選ばれた「日本エレキテル連合」も、
忘年会の一発芸としてはいいかもしれません。

 

もし忘年会でネタに困った際は、
新語・流行語大賞を参考にするのもいいですね♪

スポンサードリンク

この記事も読まれています!

コメントを残す