なでしこジャパンの年収は?男子選手と収入格差の理由は?

スポンサードリンク

nadesiko

2011年のFIFA女子ワールドカップで優勝し、
一躍有名になった「なでしこジャパン」。

今年、カナダのバンクーバーで開催されたFIFA女子ワールドカップでは、
惜しくも準優勝となってしまいましたが、
決勝戦まで勝ち進んだことに勇気づけられた人も多いですよね。

しかし、ここまで活躍している「なでしこジャパン」ですが、
男子サッカー選手と比べて給料の少なさが話題となっています。

5日に放送された「有吉弘行のSUNDAY NIGHT DREAMER」でも、
有吉弘行さんが待遇の改善を訴える場面がありましたが、
一体なでしこじゃぱんの給料はいくらくらいなんでしょうか?

スポンサードリンク

澤穂希選手でもサッカーだけとなれば年収600万円ほど

番組では、荒川恵理子選手が現在でも週3でバイトしていることを明かし、
そのバイトも9月で契約が切れるため、
「職がなくなる」と訴えているらしいことを明らかにしていました。

サッカー選手と言えば、どうしても男子サッカーのイメージがあり、
かなり年俸をもらっている感じがしますが、
実際「なでしこジャパン」は世間で思われているほど給料を貰ってないんです。

噂によりますと、なでしこジャパンの中でも世間的に有名な澤穂希選手でも、
今現在で所属する「INAC神戸」からは年俸で600万円ほどらしいです。

優勝した2011年ともなれば250万円ほどらしいので、
生活はかなり厳しいものがありますよね。

澤選手の場合は、CMやテレビ出演料があるので、
年収1億円を越えたこともあるみたいですけどね。

 

なでしこジャパンの年俸が低い理由は?

なぜ、これほど活躍しているというのに、
ここまで年俸が低いのか。

その理由として「スポンサー」が挙げられるみたいですね。

男子サッカーは、長年の歴史があり、
多くの企業がスポンサーとしてついています。

なので基本的に資金など余裕がありますが、
「なでしこジャパン」は2011年にFIFAで優勝したから有名になったものの、
それまでは全くの無名だったとも言えますよね。

世間一般では、ほとんど知られてなかったんですから、
企業からのスポンサーもない状態です。

いわば競技スポーツとしてのサッカーではなく、
世間からは「娯楽としてのサッカー」と思われていたんですね。

「なでしこジャパン」が有名になった現在でも、
男子サッカーに比べてスポンサーもついてないでしょうし、
まだまだ資金に余裕がないはずです。

今後、大きな経済効果がある可能性はありますが、
世間一般ではまだまだの世界ということになりますね。

 

ただ、これからスポンサーがついていけば、
なでしこジャパン選手の年俸は上がっていきますし、
それを引っ張っていくのは現在の選手です。

そういうことを踏まえながら、
これからの活躍に期待したいですね!

スポンサードリンク

この記事も読まれています!

コメントを残す