金爆・体臭カードの全て!どんな香りがするの?効果の長さは?

スポンサードリンク

kinnbaku

またやらかしてくれました、金爆!

5月29日にニューシングル「死んだ妻に似ている」を発売し、
新たな発売方法で話題になっているゴールデンボンバー。

今まではボーカルの鬼龍院翔(キリショー)さんが唄い、
他のメンバーはエア楽器を演奏していましたよね。

しかし、今回のシングルではキリショーさん以外の4人も唄い、
個別にCDを販売するという驚きの方法が採用されています。

「何これ、斬新すぎる!」
「樽美酒の歌声が聴けるなんて!」

と多くのファンが喜びと驚きの声を挙げているんですが、
実はそれだけではなく、もっとビックリすることがあるんです。

それは「ボディスメルフレグランス」というものなんですが、
なんと各CDにはメンバーの体臭がついたトレカが付いているんですね。

「そんなのいらねぇよ!」と思う方もいるかと思いますが、
やはり気になるのは各カードのニオイについてです。

今までにこんな企画は他のアーティストではなく前代未聞の出来事ですが、
一体、どのようなニオイがするのでしょうか?

スポンサードリンク

と、その前に「体臭カード」はどうやって作られたの?

今回発売となった「死んだ妻に似ている」は、
なぜかCDとしてではなくボディースメルフレグランスがメインで販売されています(笑)

オシャレ感をなくして言ってしまえば「体臭カード」ですが、
どのように作られたのでしょうか。

メンバーの樽美酒研二さんのブログには、
このように記載されていました。

http://ameblo.jp/doramu-kenji/entry-12026295019.html

それ専門の人が来て、耳の裏の何かを採取されたので間違いないっす!(;´▽`A“はあはあ

人の体臭というのは耳の後ろらへんから出ていると言われていますが、
どうやら専門家の人が垢(あか)を採取して、
マイクロカプセルという技術で封じ込めたみたいですね。

体臭カードというトレカには、3cmのインク部分があり、
その部分をこすることによりニオイが発生するとのこと。

ちなみに半永久的にニオイが発生するのではなく、
ずっと嗅ぎたい方は少しずつこするようにと注意書きもあります。

では肝心の香りについてですが、
順番に説明させていただきたいと思います。

ファンの方は、この記事を書いている時点ですでに嗅いだ方が多いと思いますが、
まだの方はあくまでも参考程度にとどめておいてくださいね。

 

体臭カード(ボディースメルフレグランス)はどんな香り?誰が一番ヤバイ?

体臭カードから発生するニオイについてですが、
メンバー写真の右から順番に説明させていただきたいと思います。

kinnbaku2

①鬼龍院翔さん

思ったよりも無臭な感じで、体臭とは気づきませんでした。

もしかしたら「少しニオイする?」と感じる方もいるかもしれませんが、
可もなく不可もなく別に何とも思わない感じです。

いたって普通の男子という感じですね。

②喜矢武豊さん

メンバー内で、どう見ても良い香りがしそうですが、
そのイメージどおり体臭とは思えない感じのニオイがします。

体臭というより香水かな?

少し甘い感じの雰囲気なので、
もしかしたら普段からドリンクなどでケアしているかもしれませんね。

③歌広場淳さん

ネットでは、メンマの匂いと言われていますが、
正直体調が悪いときはやめておいたほうがいいです(笑)

メンマというか漬物というか…

中華系の瓶づめを温めた感じのニオイで、
人それぞれいろんな意見があると思いますが、
まず誰も良い香りと言う人はいないかと。

体育会系や男子高出身なら耐えれるかと思います。

④樽美酒研二さん

個人的に一番気になっていたんですが、
思ったよりも臭くなかったです(笑)

汗臭い男って感じなので、
そういう香りが好きな人にとっては良いかと思います。

男でも無臭が好きという人は、
あまり好きじゃないかもしれません。

 

ちなみに歌に関しては4人とも意外と上手い!

今までキリショーさん以外が唄う機会ってほとんどなかったですが、
他のメンバー3人も意外と上手かったのでビックリです。

樽美酒さんは、以前に番組で唄っている光景を見たことあるので、
別に驚くということはなかったんですが、
喜矢武さんと歌広場さんに関しては本当に驚きます。

さすが音楽の仕事をしているだけあるって感じですね。

 

「女々しくて」の大ヒットで人気アーティストの仲間入りを果たし、
去年の紅白では舞台の上で髪の毛を切るパフォーマンスを行った金爆の4人。

今までいろんなことで楽しませてくれていますが、
これからも音楽や笑いを見せてくださいね!

スポンサードリンク

この記事も読まれています!

コメントを残す