榎木孝明が不食した理由と方法とは?ダイエットや健康には良いの?

スポンサードリンク

enokisan

俳優や水彩画家として活躍する榎木孝明さんが、
30日間不食の生活をしたことで話題となっています。

榎木さんと言えば、ドラマや映画などの名脇役として人気で、
年を重ねても渋くかっこいい雰囲気を出していて、
同年代の女性からも大人気ですよね。

そんな榎木さんが、昨日30日ぶりに食事を口にしたらしいですが、
気になるのはその理由ではないでしょうか。

榎木さんはもともとスタイルもよく、
ダイエットをする必要もなかったはず。

一体、どのような理由があり、
今回「30日間不食」を実践したのでしょうか?

またその方法と健康やダイエットのメリットとは?

スポンサードリンク

榎木さんはなぜ不食に挑戦したのか?

まず榎木さんが、不食に挑戦した理由ですね。

実は榎木さん、以前からインドへ何度も足を運び、
1人で旅行をしていたそうです。

そして決まってほとんど食事をとらずにインドで生活をし、
体の調子が良くなっていることに気付いたのだとか。

「もしかしたら不食は健康にいいのではないか?」

このように考えるようになった榎木さんは、
自分の体で実践することを思いついたんですね。

 

榎木さんが実践した不食の方法とは?

普通の人から考えると、30日間何も食べないというのは、
考えられないというか考えたくないですよね。

食事はもちろんのこと、コンビニに行けばお菓子がたくさん売っていますし、
日本という国は、食料に困ることがないですから。

そんな環境に慣れた人間からしてみれば、
30日間、何も食べないのは相当きついですが、
実は「全く何も口にしていない」というわけではないんです。

血糖値の調整をするためにアメを食べたり、
しっかりと水分を摂取しています。

 

「不食」と「断食」の違いは?30日間で9キロの減量に成功!

今回、30日間の不食により、
榎木さんは9キロも減量したそうです。

かなり体重がある人からすれば9キロって簡単に感じますが、
もともとスタイルが良い榎木さんの体型を考えれば、
9キロという数字はかなり減量していますよね。

これだけ見ると、よくダイエットする人が行う「断食」に似ていますが、
実はたいして不食と断食には変わりがないんです。

断食は、基本的に短期間で行うものですが、
榎木さんが挑戦した不食は、断食と比べても期間が長いです。

人間は皮下脂肪や摂取する量にもよりますが、
水だけで40日~50日くらいは水だけで生きていけます。

まあ、芸能人やお金に余裕がある人は大丈夫かもしれませんが、
一般的な生活を送っている人はまず無理でしょうね。

もし実戦できる環境にあったとしても、
本人に相当な覚悟がないとストレスで負担がかかってしまい、
逆に健康に悪いとも言えるでしょう。

軽い気持ちで行うものではないかと思います(笑)

 

今回、榎木さんは「不食」という手段で9キロ痩せましたが、
ダイエット目的の方は日常的な運動をするのがオススメです。

くれぐれも軽い気持ちで不食を実戦せずに、
健康管理には気をつけてくださいね!

スポンサードリンク

この記事も読まれています!

コメントを残す