ヤギはなぜ崖を登ることができる?また登る理由は?転落したりしないの?

スポンサードリンク

yagi

世界にはいろんな動物が生息していますが、
その中でも日本で多く飼育されているのが山羊(ヤギ)。

食用としては、あまりメジャーではありませんが、
山羊のミルクなども販売されていますよね。

山羊と言えば、羊と同じように草食動物で、
野生でも平地で放牧されているイメージがありますが、
驚くことに木や崖に登ったりすることができるんです。

あんな大きな体で登れることも驚きですが、
崖などの場合、転落したりしないのか心配になりますよね。

なぜ山羊は、崖や木に登ったりするのでしょうか?

スポンサードリンク

実は、山羊という動物は、
もともと高いところが大好きという習性があるんです。

動物園や牧場ではあまり見かけることがないんですが、
飼育されている山羊でも高いところが大好きで、
気づけば平気な顔して高い場所に登っていることがしばしば。

この習性は、大人や子供といったことは関係なく、
小さい山羊の場合は、他の動物の上に乗ることもあります。

yagi

 

なぜ崖や木に登ることができるのか?

いくら子供の山羊と言っても、
人間と比べてもかなりの大きさがありますし、
一般的に考えても崖や木に登ることはできませんよね。

その秘密は、山羊の足の裏側にあったんです。

yagi2

山羊の蹄(ひづめ)は、外側は硬いんですが、
真ん中部分は柔らかくなっており、
岩場や木に引っかけやすい構造となっています。

さらに他の動物と違い視野がとても広く、
ほぼ360度の角度で見ることができます。

また跳躍力が意外にもあるので、
高い場所から飛び移ることもできるんですね。

飼育されている山羊では無理がありますが、
険しい山奥に住んでいる山羊であれば、
大きな谷でも自力で降りることができるくらいです。

 

なぜ崖に登る?転落したりとかはないの?

山羊が崖に登るのは、単純に高いところが好きだからとか、
移動するときに仕方なくという理由もありますが、
他にも塩分を補給するという重要な理由もあります。

山羊は、肉食ではなく草食動物なので、
普段の食事からだと絶対的に塩分が足りません。

そこで平地ではなく、崖や傾斜に行き、
岩に付着している塩分を舐めたりしているんです。

また平地より崖や傾斜に生えている草木の方が、
ミネラル分なども多く含まれているようです。
※野菜でいうと都会と田舎で摂取した場合の栄養みたいなものですね

「転落しないのか?」と心配になる方も多いですが、
もちろん中には転落してしまうヤギもいるようです。

その点については不運としか言いようがないですが、
転落しても助かるケースも多くあるみたいですね。

 

動物の身体能力は、人間が知らないだけで、
意外な能力を発揮することもあります。

ヤギだけに限ったことではないですが、
動物の世界って奥深いですね。

スポンサードリンク

この記事も読まれています!

コメントを残す