名古屋市にあるゴミ屋敷の住所や場所はどこ?なぜそうなったの?

スポンサードリンク

gomiyasiki

さまざまなニュース番組で報道され、
話題になっている名古屋市にあるゴミ屋敷。

住宅から大量のゴミが溢れていることにより、
歩道をふさいでしまっている状況になり、
行政指導を受けるまでになっています。

近くの小学校では、このゴミ屋敷により、
通学路変更が行われるなど、
近隣の住民にも被害を及ぼすまでなっていると言われています。

連日、ニュース番組で報道されているので、
見たことある方も多いのではないでしょうか?

少しの量ならまだしも、これだけ大量のゴミがあれば、
これからの季節は害虫の発生などの心配もありますし、
放火されて火事になる恐れがありますよね。

では、この名古屋市にあると言われているゴミ屋敷、
一体詳しい住所や場所はどこにあるのでしょうか?

また、ここまでゴミが溜まってしまった理由とは?

スポンサードリンク

報道されているニュースでは、
あまり詳しい場所などは言われていませんが、
このゴミ屋敷は「名古屋市中区松原」にあるみたいです。

ちなみに写真や映像では、道路や横から見た外観しか見えませんが、
ゴミ自体は屋上までギッシリとあるんだとか。

googleストリートビューで見てみると、
撮影日が2014年3月となっているにも関わらず、
すでにゴミで溢れた様子を伺えます。

ゴミ屋敷が、いつごろからこのようにゴミで溢れるようになったのかは不明ですが、
少なくとも1年前にはゴミで溢れていたということになりますね。
※詳しい時期については下に記載

 

なぜこのようにゴミで溢れるようになってしまったのか?

ここに住んでいる家主は男性(59)と母親(88)で、
もともとはかなり裕福な家庭だったみたいです。

父親が会社を経営していた時期があり、
男性もその会社で常務として働いていたこともあったそうです。

しかし、男性が27歳の時に父親が亡くなり、
その後に経営していた会社でトラブルが発生。

・ゴミ屋敷になった現在の家
・父親が乗っていたBMW(車)
・いくらかの資産

手元にはこれらのものが残ったが、
会社自体は倒産してしまったようですね。

その後は、友人の会社を手伝ったり、
パチプロをしていた時期もあったそうですが、
30歳以降はほとんど無職ということです。

そして、そのころからゴミを集め出したそうですが、
本人曰く「ゴミではなく資源」と言っているそうで、
売るつもりで集めているのだとか。

最近では、報道陣が集まってくるため、
なかなかゴミ(資源)を集めることはできないそうですが、
普段は日課として、いろんな場所を巡っているみたいですね。

風呂はスーパー銭湯に通っており、
洗濯は手洗い、タバコを1日1箱吸っているということは、
別に生活に困っているわけではなさそうです。

 

しかし、周囲の人間が親切心で片づけを手伝おうとすると、

「なんだバカヤロー」

と威嚇とも思える態度で接してくるみたいで、
今現在はどうすることもできないみたいです。

長年溜めこんできた資源だけあり、
何かしら愛着でもあるのでしょうか。

ただ、明らかに周囲へ迷惑をかけているのは間違いないので、
少しでも良い方向へ変わっていくといいですね。

これからの動向が気になります。

スポンサードリンク

この記事も読まれています!

コメントを残す