カロリーゼロとカロリーオフの意外と知られていない大きな違いとは?

スポンサードリンク

083572

かつてダイエット飲料や食品などは、
女性が食べるものだと言われてきました。

しかし最近ではメタボ対策などで、
アルコール飲料などにもカロリーが低い商品が登場しましたよね。

・カロリーゼロ
・カロリーオフ

主に見かける表示と言えば、この2つかと思いますが、
ダイエットのためにこのように書かれた商品を続けても、
痩せることができなかった方も多いのでないでしょうか。

実は「カロリーゼロ」「カロリーオフ」という言葉にはカラクリがあり、
注意しなければならない点があるのです。

今回はその点に関して詳しく調べ、
記事にさせていただきたいと思います。

スポンサードリンク

まずカロリーゼロとカロリーオフの違いについて説明させていただきますね。

カロリーゼロ

「ノンカロリー」「ゼロカロリー」など、
全くカロリーがないように見せかけているものですね。

飲料100ml(食物であれば100g)あたり5kcal未満であれば、
このように表示してもいいと定められています。

カロリーオフ

「カロリーオフ」「ノンカロリー」など、
一般的な商品に比べてカロリーが低いように見せかけているものですね。

飲料100ml(食物であれば100g)あたり20kcal未満であれば、
このように表示してもいいと定められています。

2つを比べると「カロリーゼロ」のほうが健康志向の方には向いていますが、
実は全くカロリーがないというわけではないんですね。

ですので、「カロリーゼロ」と表示されていても、
500mlのペットボトルであれば約20mlのカロリーが含まれている可能性もあるんです。

「カロリーオフ」の場合は、さらに含まれている可能性もありますので、
表示されているからと言って安心することできないんですね。

 

また人工甘味料にも注意が必要です。

人工甘味料とは、天然に作られたものではなく、
甘み成分を人工的に合成した甘味料のことを言います。

原材料表示をチェックしていただければ書かれていることが多いんですが、
「アスパルテーム」「スクラロース」などですね。

人工甘味料には、もちろんカロリーがあるんですが、
砂糖の数百倍の甘さを持っているので、
わずかな使用料でも甘さを持たせることができます。

ですので、カロリーゼロと書いていても甘いのは、
人工甘味料のおかげと言っても過言ではないんですね。

この人工甘味料には、恐ろしい効果がいくつかあり、

・インスリンの大量分泌 ⇒ 脂肪として蓄積
・食欲が増進されてしまう
・「カロリーゼロ」という言葉による安心 ⇒ 大量摂取
・通常の食事による糖分でさえも吸収が高まってしまう
・人工甘味料には中毒性がある
etc…

このような効果が挙げられるため、
ダイエットをしている方だけではなく、
健康に気をつけている方も注意が必要なんです。

 

いかがでしたでしょうか?

もしダイエットや健康のために、
日ごろから「カロリーゼロ」や「カロリーオフ」の商品を選んでいる方がいれば、
考え方を改めたほうがいいかもしれませんね。

スポンサードリンク

この記事も読まれています!

コメントを残す