女子必見!ざわちんが教えるまつげケアのお手入れ方法は?

スポンサードリンク

eyemake

ものまねメイクタレントとして大ブレイクし、
現在では歌手・アーティストとして活動している「ざわちん」。

ざわちんと言えば、マスクをしながらメイクをし、
さまざまな芸能人の顔とソックリな姿になることで知られていますが、
よく考えてみると一般的な女子と比べてもメイクの回数が桁外れですよね。

以前、テレビに出演した際のトークコーナーでは、

「1ヶ月にメイク代が20万円以上かかる」

と驚きの事実を発表していましたが、
あれだけメイクしていれば肌などに与えるダメージは相当なもの。

でも相変わらずキレイな肌とメイクしてパッチリとした目で、
世間を驚かせているのには変わりがありません。

そうなると女子にとって気になるのが、肌などのお手入れ方法ですが、
一体どのようなケアをしているのでしょうか?

スポンサードリンク

まず、ざわちんのモノマネメイクをする際のスタイルというのは、
マスクで鼻から下を隠して目元を重点的にモノマネしていますよね。

それだけ目元は重要と言われており、
目元へ化粧品をのせたり、ビューラーやつけまつげを付けるので、
どうしても老化しやすいポイントと言われています。

かわいくキレイに見せるためには目元をしっかりしないとダメですからね。

目元でも、特にまつげが重要と言われており、
まつげが頼りないと全体的に物足りなくなります。

しかし、女性は目元に力を入れてメイクしているにも関わらず、
まつげや根本のケアというのはほとんどしていません。

目元のメイクがぼやけてしまうのは、
まつげのハリやコシがなくなってきた証拠ですので、
そこをしっかりとケアする必要があるんですね。

 

「D.ラベッラ・エターナル・アイラッシュ」は、
ざわちんが絶賛し愛用しているまつげ美容液で、
マスカラの下地としても使用することができます。

・まつ毛が短くて頼りない
・よく抜けたり切れたりする
・まつ毛が細くて密度が少ないのでマスカラが映えない
・ビューラーやつけまつげをよく使う

女性のまつ毛に対する悩みと言えば、
上記のような悩みがかなり多いと言われています。

でも、このまつげ美容液を使ってケアをすることで、
憧れの上向きカールまつ毛を手に入れることができるんです。

ハリやコシを取り戻すだけで、ビューラーがなくても上向きになるので、
メイクの時間を短縮することもできます。

そして、もう1つのメイクの基本と言えば、
メイクをした後の「洗顔」と言われています。

 

⇒ ざわちんが愛用・推薦している洗顔「二十年ほいっぷ」

ファンデーションなどのメイク用品は、
肌につけた後、毛穴に入りこんでしまうので、
しっかり汚れを落とさないと毛穴のくろずみやくすみの原因となります。

この「二十年ほいっぷ」は、ざわちんのブログでも紹介されており、
超極小の弾力泡が肌を優しく包みこんで、
水性ペンのような落ちにくい汚れも簡単に落とすことができます。

さらに北海道産の「ホエイ(チーズ)」に含まれる成分には、
肌に必要な優れた栄養素と美容成分が豊富に含まれているんですが、
「二十年ほいっぷ」にはふんだんに配合されています。

肌がしっかりと潤うことにより、内側からくすみがなくなっていくので、
潤いのあるキレイな肌を保つことができるんですね。

 

冒頭にも書かせていただきましたが、
ざわちんさんは、仕事柄24時間メイクしているといっても過言ではないくらい、
肌へ負担がかかることをしています。

しかし、テレビで見かけるざわちんさんの肌は、
いつも潤ってキレイですし見ていてうらやましいですよね。

ざわちんさんはメイクのプロであり、
ケア方法についてもかなりの知識を持っている方です。

そんな彼女が推薦するまつげ美容液と洗顔、
気になる方は一度チェックしてみてはいかがでしょうか。

⇒ ざわちんが愛用・推薦している洗顔「二十年ほいっぷ」

スポンサードリンク

この記事も読まれています!

コメントを残す