青髭やクマ・肌荒れを隠す男のファンデーションは嫌われる?バレない方法とは?

スポンサードリンク

mensfand

男性に対する女性の目が厳しくなってきており、
オシャレやスキンケアまでチェックされる時代となりました。

「あぁ。。。女子からモテたい。。。」

そう思っている男性も多いですよね。

また仕事柄、営業職や接客をしている男性にとっては、
どうしても見た目の清潔さが要求されますし、
最低限の身だしなみは必ず必要となってきます。

服装に関しては、オシャレに敏感な女性と一緒に買い物したり、
人からアドバイスを受けることができますが、
それ以上に見た目の印象を決めるのは肌です。

最近ではメンズエステで脱毛を受ける男性が増えてきており、
スキンケアが欠かせない存在となりましたよね。

さまざまなスキンケア商品が販売されていますが、
その中でも気になるのが「ファンデーション」。

ファンデーションと言えば、まだまだ女性用のものが多く、
男性にとって手が出しにくいイメージがあります。

では男性のファンデーションは女性から見たらどうなんでしょうか?

スポンサードリンク

男性のファンデーションに関してですが、
似合っていれば問題ないという女性が多いみたいです。

それよりも女性の視点から見て嫌と言うのが「青ひげ」。

オシャレに整った髭だったり、
渋い感じで似合っている無精ひげに関してはOKという方が多いんですが、
青ひげに関しては「清潔感がない」などの理由でダントツ。

さらに男性も多くの方が悩んでいるニキビやクマ・凸凹などの肌の状態ですが、
「手入れをしてない感じがする」のでNGな女性が多いんです。

 

人は見た目ではないと言われていますが、
「第一印象で全てが決まる」と言っても過言ではないくらい、
見た目はとても重要というのは、みなさん承知だと思います。

かと言って、どのようにスキンケアをすればいいかわからないし、
ファンデーションをつけるにしても選び方がわからないですよね。

ましてや男性用のファンデーションは、あまり売られていないですし、
ドラッグストアなどで手に取るのに抵抗ある方も多いはず。

 

⇒ 「GRANDEM(グランディム)」を試してみる

もし男性の方で自分の肌に悩みを持つ方は、
「GRANDEM(グランディム)」を試してみてはいかがでしょうか。

グランディムは、男性用のファンデーションなんですが、
中には美容液並みのビタミンC誘導体が配合されています。

肌にとってビタミン成分は、とても重要なのはご存知かと思いますが、
実は直接塗ったところで肌のバリア機能があるので、
ほとんど吸収されないというデメリットがあります。

ビタミンC誘導体というのは、
素早く肌に浸透し、ダメージを受けた肌の処置をしてくれる
女性用スキンケアでも注目されている成分です。

 

・ビタミンE

皮脂の酸化を防止しながら、肌を保護する「バリア機能」により、
紫外線や大気汚染物質など外界の刺激から肌を守る働きをしてくれます。

抗酸化作用にとても優れているので、
スキンケアには欠かせない成分ですね。

・プロビタミンB5

ニキビの原因と言われている脂肪酸を分解し、
予防や改善に役立つと言われている成分です。

粘膜を健康に維持するためには欠かせない成分なので、
肌荒れに悩む方にオススメですね。

・ビタミンA誘導体

肌の再生を助けてくれる成分で、
凸凹になった肌や毛穴の詰まりに効果を発揮してくれます。

傷んだ肌にも有効と言われており、
ビタミンC誘導体・ビタミンEと同様、
スキンケア成分として欠かせない成分です。

 

さらに注目の成分・ビタミンE誘導体だけではなく、
これらの成分が配合されていますので、
青ヒゲやクマ・ニキビを隠しながらもしっかりとケアしてくれます。

ファンデーションと言えば、肌に悪いイメージがありますが、
美容液並みの成分で同時にケアをしてくれるから安心して使えますよね。

スキンケアと言えば女性がするものと思われがちですが、
自分の肌に悩みを持つ男性というのはとても多いです。

通販なので誰にもバレずプライバシー厳守で購入できますので、
気になる方は試してみてはいかがでしょうか。

⇒ 「GRANDEM(グランディム)」を試してみる

スポンサードリンク

この記事も読まれています!

コメントを残す